現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:令和2年4月1日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

『平泉の考古学』
資料の詳細を表示

書名
平泉の考古学
出版情報
八重樫 忠郎∥著
高志書院 出版
価格 本体6,500円+税
内容
日本でも稀有な12世紀の遺跡が眠る平泉。その歴史は考古学の研究を抜きに語ることはできません。30年以上に及ぶ発掘調査を再整理し、膨大な遺物・遺構のデータ処理と細やかな観察眼に基づいて、平泉藤原氏の実像に迫ります。

『自治体災害対策の基礎』
資料の詳細を表示

書名
自治体災害対策の基礎
出版情報
千葉 実∥著
北村 喜宣∥編
山口 道昭∥編
出石 稔∥編
有斐閣 出版
価格 本体2,500円+税
内容
毎年のように甚大な被害をもたらす災害。自治体は、いかに備え、どう対応すればよいのか。東日本大震災津波発生時より、岩手県職員として災害廃棄物処理等を担当した著者が、自治体における災害対策の要点を具体的かつ簡明に示します。

『ナウシカ考 風の谷の黙示録』
資料の詳細を表示

書名
ナウシカ考
副書名
風の谷の黙示録
出版情報
赤坂 憲雄∥著
岩波書店 出版
価格 本体2,200円+税
内容
この作品の可能性の種子は、時代の喘ぎのなかで今、芽生えと育ちの季節を迎えようとしているのかもしれない――。遠野文化研究センター所長として知られる著者が、漫画版「風の谷のナウシカ」を二十余年の考察のもとに一篇の思想の書として徹底的に読み解きます。

『宮沢賢治デクノボーの叡知』
資料の詳細を表示

書名
宮沢賢治デクノボーの叡知
出版情報
今福 龍太∥著
新潮選書 出版
価格 本体1,600円+税
内容
殆どの作品を「未完」の状態で残した宮沢賢治。その手稿が示す揺らぎと可能性を丹念に追うことで、賢治世界=イーハトーブのまったく新しい姿が見えてきます。石、宇宙、火山、動物、風等に込められた創造の原理を解き明かし、いまを生きる私たちの「倫理」を問います。

『お金本』
資料の詳細を表示

書名
お金本
出版情報
左右社編集部∥編
左右社 出版
価格 本体2,300円+税
内容
貯金は底をついても才能は枯渇しない! 石川啄木、小泉八雲、二葉亭四迷から村上春樹、北野武まで、文豪を中心とする作家たちのお金にまつわるエッセイ、日記、手紙などを集めたアンソロジーです。井伏鱒二、中島らもらのお金Q&Aも収録しています。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る