現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:令和元年12月27日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

『東北民間信仰の研究 上・下』
資料の詳細を表示

書名
東北民間信仰の研究 上・下
出版情報
岩崎 敏夫∥著
名著出版 出版
価格 各巻本体9,000円+税
内容
家の庭先や、背戸にまつられる小祠を中心に織りなされる信仰の研究を出発点とした著作集です。上巻は東北地方の民間信仰の特質・観念などについて論究し、下巻は祭の祖型を論究、そして巫女や通過儀礼といった東北の民間信仰の研究課題について解説します。1982、83年に発行された図書の新装版です。

『暦川』
資料の詳細を表示

書名
暦川
出版情報
公文 健太郎∥著
平凡社 出版
価格 本体5,800円+税
内容
東北を代表する大河、北上川。川べりの桜、明治橋、水田、ヤマメやサクラマス…。源流から河口まで250kmの川が見せる四季折々の豊かな表情と、人々の営みを、写真家・公文健太郎が活写します。

『地球環境陸・海の生態系と人の将来』
資料の詳細を表示

書名
地球環境陸・海の生態系と人の将来
出版情報
小松 正之∥著・監修
望月 賢二∥著
堀口 昭蔵∥著
中村 智子∥著
雄山閣 出版
価格 本体2,800円+税
内容
2011年3月11日、豊かな生態系を持つ広田湾は、大地震と大津波に襲われました。その後の復興事業が海の生態系にどのような影響を与えたのか、現地調査と海外研究機関の取組みを分析し、人間と自然、生態系の関わり方を模索します。

『大池戦記 二条城公用金山城国大池隠置ノ?末』
資料の詳細を表示

書名
大池戦記
副書名
二条城公用金山城国大池隠置ノ顚末
出版情報
宮澤 洋一∥著
郁朋社 出版
価格 本体1,000円+税
内容
不測の事態になっても、敵に金を渡すな。これは慶喜公が新政府に加わったときの当座の資金、新政府が目指すのは諸侯による合議制の政府だ…。鳥羽伏見の戦いの陰で繰り広げられる、もう一つの戦いを描きます。著者は岩手県出身です。

『宮沢賢治の地学実習』
資料の詳細を表示

書名
宮沢賢治の地学実習
出版情報
柴山 元彦∥著
創元社 出版
価格 本体1,700円+税
内容
ケンジ先生と動物の生徒たちとの会話形式で、宮沢賢治の作品等に描かれている地学の世界をひもときながら、関連する地学の基礎知識を解説します。屋外実習や学習施設、実験を豊富に紹介しています。2017年発行「宮沢賢治の地学教室」の応用編です。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る