現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:令和2年6月30日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

『震災後の不思議な話 三陸の<怪談>』
資料の詳細を表示

書名
震災後の不思議な話
副書名
三陸の<怪談>
出版情報
宇田川 敬介∥著
飛鳥新社 出版
価格 本体700円+税
内容
東日本大震災後に語られた、三陸の不思議な話の数々。それらを単に列挙するのではなく、そこに込められた思いを、東北の人々が信じ伝えてきた民話や民間伝承と重ねて紹介し、その共通性や背景を掘り下げ掲載しています。2016年発行の図書を増補し、文庫化しました。

『おいしい牛乳は草の色 牛たちと暮らす、なかほら牧場の365日』
資料の詳細を表示

書名
おいしい牛乳は草の色
副書名
牛たちと暮らす、なかほら牧場の365日
出版情報
中洞 正∥著
安田 菜津紀∥写真
高橋 宣仁∥写真
なかほら牧場∥写真
春陽堂書店 出版
価格 本体2,000円+税
内容
牛たちが健康で幸せでなければ、人の健康も幸せもない――。自然放牧による本来の山地酪農に取り組む酪農家・中洞正さんが、岩泉町で営むなかほら牧場の春夏秋冬の姿と生きる言葉を写真とともに綴ります。

『なつばやしのギター初心者 お悩み相談室』
資料の詳細を表示

書名
なつばやしのギター初心者
副書名
お悩み相談室
出版情報
夏林 一彰∥著
リットーミュージック 出版
価格 本体1,350円+税
内容
ギターを弾くのに絶対音感は必要?楽譜は読めたほうがいい?ライブ演奏で緊張しない方法って?悩んだ時に役立つ考え方や、つまずきを回避するために必要なヒントを、ギター初心者に向けてわかりやすく紹介します。著者は岩手県出身です。

『青ノ果テ 花巻農芸高校地学部の夏』
資料の詳細を表示

書名
青ノ果テ
副書名
花巻農芸高校地学部の夏
出版情報
伊与原 新∥著
新潮社 出版(新潮文庫nex)
価格 本体630円+税
内容
東京から深澤が転校してきて、何もかもおかしくなった。壮多は怪我で「鹿踊り部」のメンバーを外され、幼馴染みの七夏は突然姿を消した。そんな中、壮多は深澤と先輩の3人で宮沢賢治ゆかりの地を巡る自転車旅に出る――花巻を舞台に、青春のきらめきを一瞬の夏に描くロードノベルです。

『南方熊楠と宮沢賢治 日本的スピリチュアリティの系譜』
資料の詳細を表示

書名
南方熊楠と宮沢賢治
副書名
日本的スピリチュアリティの系譜
出版情報
鎌田 東二∥著
平凡社 出版
価格 本体980円+税
内容
農本主義的表現を志した宮沢賢治と、独自の民俗学を展開した南方熊楠。日本のスピリチュアリティの本質を見抜こうとした2人の共通点とは?明治・大正期の日本に燦然と輝く2つの知的巨星を比較対照し、検証する評伝です。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る