現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:令和3年5月31日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

『散策&観賞岩手 南部地域編 修学旅行に行く前に読む本』
資料の詳細を表示

書名
散策&観賞岩手<南部地域>編
副書名
修学旅行に行く前に読む本
出版情報
ユニプラン 出版
価格 本体510円+税
内容
修学旅行や校外学習といった特別活動の事前学習向けのガイドブックです。花巻・遠野・奥州・平泉といった岩手県南部地域にある約20件の観光・学習施設を掲載。中尊寺をはじめとした魅力的な定番スポットを豊富な写真と共に紹介しています。データは2020年7月のものです。

『復興のための記憶論 野田村被災写真返却お茶会のエスノグラフィー』
資料の詳細を表示

書名
復興のための記憶論
副書名
野田村被災写真返却お茶会のエスノグラフィー
出版情報
宮前 良平∥著
大阪大学出版会 出版
価格 本体3,900円+税
内容
思い出とは何か、想起するとはどういうことか。東日本大震災の被災写真返却のためのお茶会を続けてきた著者が、思い出、記憶、想起と復興の関係について問いなおし、想起の場と寄り添い方について考えます。

『岩手県交通 バスジャパンハンドブックシリーズ V105』
資料の詳細を表示

書名
岩手県交通
副書名
バスジャパンハンドブックシリーズ V105
出版情報
BJエディターズ 出版
星雲社(発売)
価格 本体1,000円+税
内容
盛岡市以南の広大な地域を運行エリアとし、乗合・貸切バス事業を行っている、岩手県交通。現有車両の車種別解説や、戦前から現在までのあゆみを写真とともに紹介します。岩手県交通のバスで訪ねる「遠野物語とイーハトーブ」等の紀行も収録されています。

『片隅の人たち』
資料の詳細を表示

書名
片隅の人たち
出版情報
常盤 新平∥著
中央公論新社 出版(中公文庫)
価格 本体860円+税
内容
植草甚一、都筑道夫、清水俊二……。1960年代、翻訳出版の世界では個性豊かな面々が闊歩していた――。直木賞作家が若き日に出会った翻訳者の姿を描く自伝的連作集です。1992年刊行の書籍に関連エッセイ2篇を加え、文庫化しました。

『井上靖とシルクロード 西域物の誕生と展開』
資料の詳細を表示

書名
井上靖とシルクロード
副書名
西域物の誕生と展開
出版情報
劉 東波∥著
七月社 出版
価格 本体5,400円+税
内容
西域の夢とロマンを井上靖はどのように描いたのか。史実と想像力がせめぎあう歴史小説創作の秘密に迫ります。「七章 宮澤賢治の西域物」では、賢治の残した書簡、ノート、メモ等を参照し、近代中央アジア探検と賢治の西域物との関わりについて論じられています。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る