現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:平成29年11月30日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

書名
書店員X
副書名
「常識」に殺されない生き方
出版情報
長江 貴士∥著
中央公論新社 出版
価格 本体840円+税
内容
2016年、書名と著者名を隠すという驚きの販売方法でヒットした「文庫X」。盛岡市の書店員である「文庫X」の仕掛け人が、アイディアの原点を語っています。優等生を演じ苦しんだ、という自身の半生から生まれた考え方は、生きづらさを抱えた多くの人々へのエールとなっています。「文庫X」の著者、清水潔氏との対談も収録されています。
書名
武士道的一日一言
出版情報
新渡戸 稲造∥著
山本 史郎∥解釈
朝日新聞出版 出版
価格 本体780
円+税
内容
新渡戸稲造が厳選し、大正時代にベストセラーとなった、名言集の現代語版です。-仁がすぎれば弱くなる・人生は心で歩く・実が入ると稲はうつむく-味わい深い言葉を毎日一節づつ読めるよう、366の名言が掲載されています。新渡戸自身の言葉や文人、武人、キリストの言葉も紹介しています。
書名
清心尼
副書名
気高く清廉に生きた女大名
出版情報
松田 十刻∥著
盛岡タイムス社 出版
価格 本体1800
円+税
内容
「遠野にすぎたるものあり。それは遠野南部の女城主、清心尼である」戦国時代から江戸時代にかけて、気高く生きた実在の女城主を描く心躍る歴史小説です。『盛岡タイムス』『胆江日日新聞』連載を改稿し単行本化したものです。
書名
しろつめくさあかつめくさ
出版情報
澤口 たまみ∥ぶん
安井 寿磨子∥え
福音館書店 出版
価格 本体389円+税
内容
原っぱに咲くしろつめくさとあかつめくさ。良く似た花ですが、咲き方や集まる虫の種類に違いがあることを、柔らかな美しい絵とともに紹介した科学絵本です。しろつめくさの花の編み方が丁寧に描かれ、花かんむりや首飾りを作る楽しさが画面いっぱいにあふれています。著者は岩手県出身です。
書名
石川啄木論
出版情報
中村 稔∥著
青土社 出版
価格 本体2800円+税
内容
詩人である著者は、啄木の詩・短歌・評論の現代的な意義について、斬新な視点から論じています。啄木の悲痛な境遇が作品に与えた影響を読み解き、時には狂気に近い心境が現れていると、作品を示しながら考察しています。また、啄木の小説家としての才能にも注目し「天鵞絨」を紹介しています。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る