現在位置: トップページ > 本・資料を探す > 郷土関係情報 > 新着郷土資料

新着郷土資料

更新日:平成30年1月31日

岩手県立図書館に新しく入った郷土資料(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を何冊かご紹介します。「資料の詳細を表示」をクリックすると、各資料の詳細と貸し出し状況を確認することができます。(新しいウィンドウを開いて表示します)

過去にご紹介した新着郷土資料の一覧は、「過去の新着郷土資料」をご覧ください。

書名
原敬
副書名
政党政治のあけぼの
出版情報
山本 四郎∥著
清水書院 出版
価格 本体1800円+税
内容
原敬は、その負けじ魂と実行力で、藩閥官僚政治を政党政治へと転換しました。妥協もいとわぬ現実主義が時に批判を浴びましたが、すぐれた見識はずば抜けていました。明治から昭和初期の政府内の権謀術数、次々と起こる難題…。読み応えのある本書は、1984年に刊行したものに加筆・修正した新訂版です。
書名
花巻人形の世界
副書名
祈りと遊び
出版情報
高橋 信雄∥著
盛岡出版コミュニティー 出版
価格 本体1500円+税
内容
「これは、元祖ゆるキャラ?」と、思わず顔がほころぶ写真の数々と、江戸時代から続く歴史を紹介した、花巻人形の魅力満載の一冊。縁起物や童子、歌舞伎の演目や動物などバラエティに富んだ人形たちは、美術的評価が高く、豊かな色彩を誇ります。人形の制作工程についての説明もあります。
書名
夢をのみ
副書名
日本SFの金字塔・光瀬龍
出版情報
立川 ゆかり∥著
ツーワンライフ 出版
価格 本体2000 円+税
内容
代表作『百億の昼と千億の夜』の壮大な世界観は、どのようにして培われたのでしょう。SF作家として烈しい生き方を選んだ光瀬龍。その彼が、愛妻、千歳さんにだけ見せていた素顔など、今まであまり語られてこなかった人生を、手紙や日記、写真とともに紹介しています。
書名
副書名
みちのく一関忠臣蔵
出版情報
小野寺 苓∥著
勝どき書房 出版
本体星雲社(発売)
価格 2000円+税
内容
忠臣蔵と一関藩には関わりがあった?!一関藩御留守居役として江戸に住む牟岐平右衛門は、難しいお役目を受け、苦悩の日々を過ごしています。しかも自宅の庭に苦手な蛇が現れて…。愛妻ツネとの楽しく穏やかな生活と、厳格な武士社会の不条理を鮮やかに描き出した、著者渾身のみちのくシリーズ第3弾。お勧めです。
書名
宮沢賢治出会いの宇宙
副書名
賢治が出会い、心を通わせた16人
出版情報
佐藤 竜一∥著
コールサック社 出版
価格 本体1500円+税
内容
宮沢賢治の温かく、ユニークな個性は、才人たちにより、宇宙的ともいえる高みへ…。賢治の才能にいち早く気付いた草野心平、東大生だった鈴木東民、博物学者、鳥羽源蔵。著者は、賢治が影響を受けたであろう16人の人物像を丁寧に語り、賢治の多面的な魅力を際立たせています。

岩手県立図書館では、郷土に関する本(県出身者の著作、県内で出版された著作、県にゆかりの著作等)を集めています。
このような本を発行されましたなら、岩手県立図書館へご寄贈くださいますようお願いします。
詳しくは「郷土資料の寄贈のお願い」をご覧ください。

ページの先頭へ戻る