連続講座第4回「東北におけるサケ漁具」

掲載日:令和元年11月23日

現在、岩手県では川を遡上するサケは「ウライ」と呼ばれる川に作った仕切りで捕獲されています。東北全体では河口で行われるものから、遡上中のサケや、産卵場で群れるサケを狙ったものまで様々な形態が見られ、川幅や水量、地形などによる地域差もあります。
本講座では、東北における漁具から見たサケ漁の多様性について学びます。

開催情報

演題
連続講座《鮭から見えるいわての海~食べるだけじゃもったいない!~》第4回
東北におけるサケ漁具
講師
小谷 竜介 氏
(東北歴史博物館 主任研究員・東京大学 大気海洋研究所 客員准教授)
日時
令和2年2月29日(土曜日) 13時30分~14時30分
会場
アイーナ4階 岩手県立図書館 ミニシアター
対象
一般
定員
先着60名・入場無料
申込方法
カウンターへ直接または電話(019-606-1730)でお申込ください。
令和2年1月10日(金曜日)9時より受け付け開始

【協力:大気海洋研・海と希望の学校in三陸 盛岡分校】

関連リンク

ページの先頭へ戻る